So-net無料ブログ作成
検索選択
前の1件 | -

障害者施設で傷害事件!元職員が入所者に大けがを負わせる [事件]

今年の4月、宇都宮市西刑部町の知的障害者施設「ビ・ブライト」で、入所者の男性(28)が腰の骨を折るなどの大けがを負った事件がありましたが、この事件の容疑者と思われる元職員の男性(22)が11日に逮捕されたことがわかりました。

警察は、入所者傷害容疑で捜索および、施設関係者への任意聴取をおこなっています。

20170911-OYT1I50012-N.jpg
出典:読売オンライン

容疑者の元職員とはどんな男性なのか?いったいこの障害者施設で何があったのか?
相次ぐ、障害者施設や老人ホームで起こる傷害事件。なぜ、こんな事件が起こるのか?対応はどうなっているのか?個人的に調べた結果をお伝えします。

<スポンサーリンク>




事件があったのは宇都宮市西刑部町の知的障害者施設「ビ・ブライト」。社会福祉法人「瑞宝会」が運営する施設です。



<スポンサーリンク>




傷害事件発覚の流れ






・今年の4月16日夕方、入居者の男性の血圧が下がるなどしたことが原因で、病院に搬送される
・診断の結果、腹腔内に1.5ℓの出血が確認された。ほかにも腰椎や脾臓からの出血も確認された。
・入居者の男性は、一時的に意識不明となったが、現在は回復に向かっており、都内の病院にて療養中。
・家族は事件を疑い、被害届を提出。

入居者の男性の家族が、栃木県警に被害届を出したことで、警察が傷害事件の捜査に乗り出しました。
目撃証言をもとに聞き込みを続け、傷害容疑の固まった元職員を逮捕したそうです。
この事件に対して、社会福祉法人理事長(59)は
障害者施設であってはいけないことであり、おわびのしようがない

と発言しています。

<スポンサーリンク>




容疑者の元職員とはどんな人物だったのか?



逮捕されたのは、無職佐藤大希容疑者(22)=同県那須町湯本新林=と、施設の運営法人職員松本亜希子容疑者(25)=宇都宮市石井町=。

松本亜希子容疑者は、容疑を認めていますが、佐藤容疑者は、「足蹴りはしていない」など、一部の容疑を否認しているとのこと。




<スポンサーリンク>




障害者施設での傷害事件はなぜ起こる?



障害者施設や老人ホームで起こる、虐待や傷害事件が後を絶たないのは、以下のような理由があるとされています。

虐待が表に出ない主な理由
虐待事件の本質が利用者本人にも理解されていない。
対応が困難な行動を抑えるのだから強い指導も必要だと、虐待の原因を問題行動に帰している。
加害者が本来保護すべき立場にある職員であること。
公的機関(行政側)が、事件を正面から受止めきれない。行政が虐待を隠蔽する役割を担うこともある。
親が虐待する側を守る行動をとる。背景にわが子を預ける場のない、行き場のない状況がある。

虐待がおきる理由
体罰の容認
体罰という認識がない(指導、しつけと考えている)。
体罰はいけないと思いつつ行ってしまう。職員の個人的性格、ストレス等にも関係している。
職員側に利用者への支援のスキルがない場合が多い。

体罰を繰り返す理由
体罰が発覚しない。
利用者が言わない、言えない。
利用者が言っているのに声が届かない→利用者の声を聞くシステムがない。
職員が体罰を内緒にしている。仲間としてかばう傾向がある。
体罰を上司に通告しても改善されない→通告が生かされないシステム。



出典:名古屋市障害者虐待相談センター

学校や会社でも当てはまりそうですね。
閉じた空間での行いというのは外からは見えづらいものです。
障害を持った人だと、助けを求める手段も限られています。

<スポンサーリンク>





nice!(0)  コメント(0) 
前の1件 | -